データ管理のための容量は増え続け、安くなっている

難しい作業は代行サービスを活用しよう

様々な記憶メディア

かさばる紙の名刺は名刺管理サービスを行っている業者にデータ化してもらいませんか?データ化すると探す際にも便利ですよ。

増える情報保管コストをどうするのか

みなさんはどのようにデータを保管していますか。古くはフロッピーディスク、CD-ROMがオーソドックスなメディアコピーといえるでしょう。最近は画像や動画などデータ量が爆発的に増える中、保存容量も増加しています。DVDやHDDも容量がフロッピー時代と比較すると1000倍以上に増えています。値段もメディアコピー生産量が増えるにつれ、安価になる傾向があり、安く大量にデータを保存できるようになっています。問題もあります。メディアコピーにデータを保管したとしても、永遠に保存できるわけではないということです。一定期間、10年程度たつと保存したデータが消えるものもあるのです。アーカイブとして保存するためには定期的にデータの再保存が必要となります。そんな中で見直されているメディアコピーが磁気テープなのです。

気になるメディアコピーの価格帯

磁気テープは長期間保存ができるメディアコピーとして再注目されています。ここ3年間連続で生産量が伸びています。さて気になるのが値段でしょう。基本的には法人向けの需要なので情報は限られていますが、参考になる数値を拾ってみました。3テラバイトで5000円というのが最安値のライン。1テラあたり2000円を切るというのがおよその平均的な相場のようです。ドライブがまだ高価なのが玉にきずです。たとえばIBM製のドライブとなると5万円程度なり、まだDVDドライブと比較すると効果な印象を受けますね。ただ、メディアの生産量が増えているので、数年もすればドライブも一気に価格破壊がされるでしょう。今後は家族フィルムのような永遠に残したいデータ保管サービスが個人向けにも出ていくでしょうし、注目です。

アウトソース

多くのデータを扱うようになった現代では、データ入力代行を行ってくれるサービスが存在します。そのサービスは大量のデータ入力も短時間で終わらせてくれるため、経費や名刺などの入力において重宝されています。

続きを読む

データサルベージ

パソコンが壊れてデータが読み込めなくなったとしても、hddを取り出して修理することで復旧が可能です。そのため、何かしらのデータのトラブルは、データレスキューセンターへ相談するといいでしょう。

続きを読む

個人も依頼できる

データ復旧のサービスは、企業だけではなく、個人からも依頼できます。成功報酬型も増えているので、安心です。キホ的には直接持ち込む必要があるので、トラブルがあったらすぐさま持って行きましょう。

続きを読む

クラウドを利用

ハードディスクが壊れてしまうと、大切なデータが消えてしまいます。そのトラブルを防ぐため、クラウドを利用してバックアップを取っておきましょう。活用方法は簡単で、様々な利用の方法があります。

続きを読む

セキュリティが高い

クラウドは企業においてどんどん普及しており、オンラインストレージはとくに注目されています。必要な容量に合ったサービスが多く提供されているので、リーズナブルに利用することができます。

続きを読む