データ管理のための容量は増え続け、安くなっている

難しい作業は代行サービスを活用しよう

データサルベージ

hddが壊れてしまったら

 パソコンが壊れてデータが消えてしまったと思っている方はhddが壊れている確認してみて下さい。パソコンが壊れてもhddが無事ならデータも取り出すことができます。多くのパソコンはhddの取り外しができるようになっているので、hddが無事なら外付けハードケースを購入してデータを取り出すことも難しくありません。  しかし、不幸にもhddが壊れていた場合はデータを取り出すことは難しいです。こういった場合はデータレスキューセンターを利用してみましょう。データレスキューセンターは初期調査が無料で、年中無休、調査結果も最短6時間から最長48時間で出してくれます。キャンセルも可能なので、思っていたよりも高額でも問題ありません。

データレスキューセンターの活用

 またデータレスキューセンターはhddだけでなくSDカードやUSBメモリーにCD,DVD,MOまで対応しています。ディスクメディアなどは意外と読み込めなくなることが多く、個人でできる復旧作業も多くありません。大切な思い出が詰まったディスクが読み込めなくなったら大変ですので、ディスクを捨てる前に相談してみましょう。  データレスキューセンターは暗号化させたデータの復元にも対応しています。しかし、復元途中で複合化が必要なこともあり、場合によってはパスワードが必要になります。暗号化されたデータを復旧したい場合は事前に相談しておくのが良いです。データレスキューセンターはプライバシーマークおよび情報セキュリティマネジメントシステムを導入しておりセキュリティの万全で、データが盗まれる心配もありません。