データ管理のための容量は増え続け、安くなっている

難しい作業は代行サービスを活用しよう

セキュリティが高い

法人向けのセキュリティー高いオンラインストレージの広まり

クラウドシステムの広まりは著しく、企業においても電子化されたファイルのやり取りを行うための手段として活用されるようになってきています。企業においてはクラウドサービスの利用にあたって高いセキュリティーが必要とされることから、法人向けのクラウドサービスを利用するのがポイントとなります。 特に有用性の高さが注目されているのがオンラインストレージであり、法人向けの高いセキュリティーをもったオンラインストレージが提供されるようになってきています。その費用はかなり大きなばらつきがありますが、概して100GBで月額20000円程度となっています。より少ない容量に特化しているサービスや大容量や要領無制限を売りにしている法人向けオンラインストレージサービスもあります。

必要とされる容量に応じたサービスの展開

一般的なデータサイズの肥大化の影響を受けて、オンラインストレージも大容量で低価格という傾向が強まってきています。 しかし、法人向けオンラインストレージでは重要データのバックアップや外出先でのデータのやり取りに使われることが多いため、それほど大きな容量を必要としないケースも多々あります。一方、重要データが莫大な量になる企業もあることから、そのニーズが両極化する傾向があります。 そのニーズに応えるように、1GB程度の低容量から安く提供する業者と、容量無制限のオンラインストレージを提供する業者と、その中間に位置する業者とで広く住み分けができてきています。その企業が意図している容量の領域を利用することで比較的安価に利用できる仕組みが確立しているのです。